神崎 雄一郎 (Kanzaki, Yuichiro)

[To English Page]

所属

熊本高等専門学校  人間情報システム工学科  准教授

経歴

略歴

非常勤講師

主な研究テーマ

ソフトウェア保護機構のステルス評価

プログラムの難読化や暗号化などによって変形されたコードのステルス (攻撃者に対して「目立つ」度合)を評価する方法について研究しています.

関連論文:
  • 神崎雄一郎,尾上栄浩,門田暁人, “コードの「不自然さ」に基づくソフトウェア保護機構のステルシネス評価,” 情報処理学会論文誌,Vol.55,No.2,pp.1005-1015,February 2014.  
  • Yuichiro Kanzaki, Akito Monden, and Christian Collberg, “Code Artificiality: A Metric for the Code Stealth Based on an N-gram Model,” Proc. of 1st International Workshop on Software Protection (SPRO2015), pp. 31-37, May 2015. [PDF]
  • Yuichiro Kanzaki, Clark Thomborson, Akito Monden, and Christian Collberg, “Pinpointing and Hiding Surprising Fragments in an Obfuscated Program,” In Proc. of the 5th Program Protection and Reverse Engineering Workshop (PPREW-5), pp.8:1-8:9, December 2015. [PDF]

プログラムの動的難読化方法

命令のカムフラージュなど,自己書換えを積極的に用いたソフトウェア保護方法について研究しています.
関連論文:
神崎雄一郎,門田暁人,中村匡秀,松本健一, “命令のカムフラージュによるソフトウェア保護方法,” 電子情報通信学会論文誌A,VOL.J87-A,No.6,pp.755-767,June 2004.   ほか
 

発表文献 (新しい順)

国内発表 西陽太,神崎雄一郎, “難読化されたプログラムに含まれる「目立つ基本ブロック」の検出,” 2017年電子情報通信学会総合大会講演論文集(講演番号D-3-2),March 2017.
国内発表 渡辺哲士,門田暁人,玉田春昭,神崎雄一郎, “バイナリコード中の文字列に着目したソフトウェアの流用検出,” 電子情報通信学会技術報告,ソフトウェアサイエンス研究会,Vol.116, No.277 (SS2016-31),pp.79-84,October 2016.
国内発表 松田篤和,神崎雄一郎, “実行トレースに着目したソフトウェア保護機構のステルス考察,” 情報処理学会第78回全国大会講演論文集(講演番号5J-07),March 2016.
国際発表 Yuichiro Kanzaki, Clark Thomborson, Akito Monden, and Christian Collberg, “Pinpointing and Hiding Surprising Fragments in an Obfuscated Program,” In Proc. of the 5th Program Protection and Reverse Engineering Workshop (PPREW-5), pp.8:1-8:9, December 2015. [PDF]
国際発表 Yuichiro Kanzaki, Akito Monden, and Christian Collberg, “Code Artificiality: A Metric for the Code Stealth Based on an N-gram Model,” In Proc. of 1st International Workshop on Software Protection (SPRO2015), pp. 31-37, May 2015. [PDF]
国内発表 永井晃人,神崎雄一郎,門田暁人, “保護コードの自然さに着目した命令カムフラージュ,” 情報処理学会第77回全国大会講演論文集(講演番号1L-03),March 2015.
国内発表 松田篤和,神崎雄一郎,門田暁人, “コード断片の不自然さの比較による保護機構の発見困難さの評価,” 情報処理学会第77回全国大会講演論文集(講演番号1L-02),March 2015.
論文誌 神崎雄一郎,尾上栄浩,門田暁人, “コードの「不自然さ」に基づくソフトウェア保護機構のステルシネス評価,” 情報処理学会論文誌,Vol.55,No.2,pp.1005-1015,February 2014.
国内発表 神崎雄一郎,尾上栄浩,門田暁人, “N-gramモデルを用いたソフトウェア保護機構の不自然さ評価,” 2014年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2014)予稿集CD-ROM(講演番号2D2-1) , January 2014.
国内発表 大滝隆貴,大堂哲也,玉田春昭,神崎雄一郎,門田 暁人, “Javaバイトコード命令のオペコード、オペランドを用いた難読化手法のステルシネス評価,” 2014年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2014)予稿集CD-ROM(講演番号2D2-2) , January 2014.
論文誌 二村 阿美,門田 暁人,玉田 春昭,神崎 雄一郎,中村 匡秀,松本 健一,“命令のランダム性に基づくプログラム難読化の評価,” コンピュータソフトウェア,Vol.30,No.3,pp.18-24,August 2013.
国際発表 Tetsuya Ohdo, Haruaki Tamada, Yuichiro Kanzaki, Akito Monden, “An Instruction Folding Method to Prevent Reverse Engineering in Java Platform,” In Proc. 14th ACIS International Conference on Software Engineering (SNPD 2013), Special Session of Experiences of Software Engineering, pages 512-522, July 2013.
国内発表(査読あり) 二村 阿美,門田 暁人,玉田 春昭,神崎 雄一郎,中村 匡秀,松本健一,“命令の乱雑さに基づくプログラム理解性の評価,” ソフトウェア工学の基礎XIV,日本ソフトウェア科学会 FOSE2012,Vol.19,pp.151-160,December 2012.
国際発表 Hideshi Sakaguchi, Yuichiro Kanzaki, Akito Monden, “Program Encryption Based on the Execution Time,” In Proc. International Symposium on Technology for Sustainability (ISTS2012), pp. 188-191, November 2012. (Bangkok, Thailand)
国内発表 坂口 英司,神崎 雄一郎, 門田 暁人, “実行時間に依存したプログラムの暗号化,” 第11回情報科学技術フォーラム(FIT2012)講演論文集 第1分冊,pp.257-260, September 2012.
国内発表 尾上 栄浩,神崎 雄一郎, 門田 暁人, “コードの「めずらしさ」に基づく保護機構のステルシネス考察,” 第11回情報科学技術フォーラム(FIT2012)講演論文集 第1分冊,pp.261-266, September 2012.
国内発表 玉田 春昭,神崎 雄一郎, 門田 暁人, “Java言語を対象とした実行時多様化の試み,” 2012年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2012)予稿集CD-ROM(講演番号4E2-3) , February 2012.
国内発表 神崎 雄一郎,門田 暁人, “ソフトウェア保護機構を構成するコードの特徴評価の試み,” コンピュータセキュリティシンポジウム2011(CSS2011)予稿集,pp.827-832,October 2011.
論文誌 神崎雄一郎,門田暁人,中村匡秀,松本健一, “ソースコードレベルにおけるプログラムのカムフラージュ,” コンピュータソフトウェア,Vol.28,No.1,pp.300-305,Feb. 2011.
国際発表 Yuichiro Kanzaki, Akito Monden, “A Software Protection Method based on Time-sensitive Code and Self-modification Mechanism,” In Proc. the IASTED International Conference on Software Engineering and Applications(IASTED SEA 2010), pp. 325-331, November 2010. (Marina del Rey, USA)
国内発表 坂口 英司,神崎 雄一郎, “動的解析防止を目的とした実行時間依存のコード構成法,” 電子情報通信学会九州支部第18回学生会講演会 講演論文集,D-2, Sep. 2010.
国内発表 栗原 光平,神崎 雄一郎, “言語レベルの切替機能を持つプログラム閲覧システム,” 電子情報通信学会九州支部第18回学生会講演会 講演論文集,D-36, Sep. 2010.
国内発表 尾上 栄浩,神崎 雄一郎, “C言語で偽装内容を記述できるプログラムカムフラージュ,” 電子情報通信学会九州支部第18回学生会講演会 講演論文集,D-37, Sep. 2010.
国内発表 神崎 雄一郎,門田 暁人, “実行時間差に着目したコードの隠ぺい方法,” 第8回情報科学技術フォーラム(FIT2009)講演論文集 第1分冊,pp.361-364, September 2009.
国内発表 中村 智明,神崎 雄一郎, “EZ-USBとJSPを用いた室内環境監視システムの構築,” 電子情報通信学会 関西支部 第14回学生会研究発表講演会 講演論文集,p.109, March 2009.
国内発表 山口 恭平,神崎 雄一郎, “実行時間差を用いた不正な動的解析の防止,” 電子情報通信学会 関西支部 第14回学生会研究発表講演会 講演論文集,p.98, March 2009.
論文誌 Hiroki Yamauchi, Akito Monden, Masahide Nakamura, Haruaki Tamada, Yuichiro Kanzaki, Ken-ichi Matsumoto, “A Goal-Oriented Approach to Software Obfuscation,” International Journal of Computer Science and Network Security, Vol.8, No.9, pp.59-71, September 2008.
国内発表 神崎 雄一郎, 門田 暁人, 中村 匡秀, 松本 健一, “高級言語レベルでの偽装内容の指定が可能なプログラムのカムフラージュ,” 2007年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2007)予稿集CD-ROM(講演番号4D1-3) , January 2007.
国内発表(査読あり) 神崎 雄一郎, 井垣 宏, 中村 匡秀, 門田 暁人, 松本 健一, “情報漏えいのリスクと生産性を考慮したソフトウェアプロセスの開発者割当て探索,” ソフトウェア・シンポジウム2006(SS2006)予稿集, pp.24-32, July 2006.
学位論文 Yuichiro Kanzaki, “Protecting Secret Information in Software Processes and Products,” Doctoral Dissertation, Nara Institute of Science and Technology, 2006. [PDF]
国際発表 Hiroki Yamauchi, Yuichiro Kanzaki, Akito Monden, Masahide Nakamura, and Ken-ichi Matsumoto, “Software Obfuscation from Crackers' Viewpoint,” In Proc. IASTED International Conference on Advances in Computer Science and Technology (IASTED ACST 2006), pp.286-291, January 2006. (Puerto Vallarta, Mexico)
論文誌 Yuichiro Kanzaki, Hiroshi Igaki, Masahide Nakamura, Akito Monden, Ken-ichi Matsumoto, “Quantitative Analysis of Information Leakage in Security-Sensitive Software Processes,” IPSJ Journal, Special Issue on Research on Computer Security Characterized in the Context of Social Responsibilities, Vol.46, No.8, pp.2129-2141, August 2005.
国際発表 Yuichiro Kanzaki, Hiroshi Igaki, Masahide Nakamura, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, “Characterizing Dynamics of Information Leakage in Security-Sensitive Software Process,” Third Australasian Information Security Workshop (AISW2005), Conferences in Research and Practice in Information Technology, vol. 44, pp. 145-151, Australian Computer Society, Jan. 2005.
国内発表 山内 寛己, 神崎 雄一郎, 門田 暁人, 中村 匡秀, 松本 健一, “攻撃タスクを考慮した難読化による暗号プログラムの保護,” 電子情報通信学会技術報告, ソフトウェアサイエンス研究会, No.SS2005-59, pp.25-30, December 2005.
国内発表(査読あり) 山内 寛己, 神崎 雄一郎, 門田 暁人, 中村 匡秀, 松本 健一, “マルチバージョン生成によるプログラムの解析防止,” ソフトウェア工学の基礎XI, 日本ソフトウェア科学会FOSE2004, pp.157-160, November 2004.
国内発表 神崎 雄一郎, 井垣 宏, 中村 匡秀, 門田 暁人, 松本 健一, “ソフトウェア開発プロセスにおける情報漏えいのリスク評価,” コンピュータセキュリティシンポジウム2004(CSS2004)予稿集, pp.775-780, October 2004.
論文誌 神崎雄一郎,門田暁人,中村匡秀,松本健一, “命令のカムフラージュによるソフトウェア保護方法,” 電子情報通信学会論文誌A,VOL.J87-A,No.6,pp.755-767,June 2004.
(出版社による英訳版)
Yuichiro Kanzaki, Akito Monden, Masahide Nakamura, Ken-ichi Matsumoto, “A Software Protection Method Based on Instruction Camouflage,” Electronics and Communications in Japan, Part 3, Vol.89, No.1, pp.47-59, January 2006.
国際発表 Yuichiro Kanzaki, Akito Monden, Masahide Nakamura, Ken-ichi Matsumoto, “Exploiting self-modification mechanism for program protection,” 27th Computer Software and Applications Conference (compsac2003), pp.170-179, Dallas, USA, Nov. 2003.
国際発表 Masahide Nakamura, Akito Monden, Tomoaki Itoh, Ken-ichi Matsumoto, Yuichiro Kanzaki, and Hirotsugu Satoh, “Queue-based cost evaluation of mental simulation process in program comprehension,” 9th IEEE International Software Metrics Symposium (METRICS2003), pp.351-360, Sydney, Australia, September 3-5, 2003.
国内発表 玉田 春昭, 神崎 雄一郎, 中村 匡秀, 門田 暁人, 松本 健一, “Java クラスファイルからプログラム指紋を抽出する方法の提案,” 電子情報通信学会技術報告, 情報セキュリティ研究会, No.ISEC2003-29, pp.127--133, July 2003.
特許 門田暁人, 佐藤弘紹, 神崎雄一郎, “プログラム難読化装置,プログラム難読化プログラム及びプログラム難読化方法,” 特願2003-202795, July 2003.
国内発表 神崎雄一郎, 門田暁人, 中村匡秀, 松本健一, “命令コードの実行時置き換えによるプログラムの解析防止,” 電子情報通信学会技術報告, 情報セキュリティ研究会, Vol. ISEC2002-98, pp.13-19, Dec. 2002.
特許 門田暁人, 神崎雄一郎, “自己書き換え処理追加プログラム,自己書き換え処理追加装置及び自己書き換え処理追加方法,” 特願2002-355881, Dec. 2002.